ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.12.22 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.28 Saturday

Suvaranabhumi is closed!!!!!

 

2008年11月25日、バンコクにて反タクシン元首相派政権の市民団体「PAD」の支持者数千人が警察の警戒線を破り、バンコクスワンナプーム国際空港に突入、空港が閉鎖された


飛行機が飛ばず、タイやバングラデシュ、インドなどいろいろな国と接しているのに
陸路で国境も越えることは政府により禁止されているため不可能
ミャンマーのヤンゴンに10日間足止めされる

タイ国内でこの事件に巻き込まれれば、タイ政府からお金の補助がもらえていいホテルに泊まれたのに
ミャンマーにいたため何の保証も補助もなかった

毎日毎日、エアアジアのカウンターに通い
スワンナプーム国際空港以外のタイの空港に飛べないか問い合わせるけど
格安航空券なだけあって不可能だった

インターネットも電話も制限を受けてできないし
すぐに停電になるし
ATMもなくカードも使えずお金も少なくなり
ビザも切れそうでオーバーステイになりそうで
軟禁されているようで
陸の孤島で
本当につらかった!!

でもミャンマーの方々は、浮かない私に対し
「頑張れ」とか「元気出せ」とか励ましてくれて
お金が底をつきるのを心配して水を買ってくれたり、食事をごちそうしてくれた

こんなに親切な国民性、すごい。
2009.11.26 Thursday

Rangoon

 

Shwedagon Pagoda, Yangon, Myanmar

大小合わせて69あまりの仏塔に囲まれた大仏塔
サイクロンで仏塔の上層部が吹き飛ばされてしまったため、残念ながら工事中だったけど
キラキラ光ってきれいだった

この仏塔を囲み地面に座り、巡礼者は祈っていた

私が仏塔に足を向けて座っていたらミャンマーの人に注意をされた
ロンジーというミャンマーの伝統衣装の巻きスカートをはかないと外国人であっても入場できなかった
ミャンマーの仏教徒はとても敬虔だった

*入場料 $5

2009.11.24 Tuesday

Le Pont Transbordeur


Bago , Burma 

外国人が列車の切符を買うためには、別室に行きパスポートを提出し書類を記入しなければならなかった
切符は手書きだった

ミャンマーの線路は、旧日本軍が作ったものらしく電車は縦揺れした
ゆっくりな、ジェットコースターのような感覚だった
今にも脱線してしまうのではないかと心配になった
車内や、車内風景はタイと同じだった

ミャンマーの長距離移動は、地球の歩き方通りバスが時間通りで楽な模様

*サンフランシスコGH $4(シングル.とても汚い)
*バゴー→ヤンゴン 12:50→15:00 $3
2009.11.23 Monday

Mr. Sandman


ミャンマー人の聖地、ゴールデンロック、落ちそうで落ちない金の岩

石には男性しか触れず、男性は石に金粉を貼付けて祈っていた

<バゴーからゴールデンロックへ>

バゴーからチャイトーまでピックアップトラック1500k,3時間

チャイトーからキンプンまでピックアップトラック500k, 40分

キンプンから山頂まで3000k

頂上までのピックアップトラックは、トラックの荷台で起伏の激しいところを
スピード出して移動するのでジェットコースターに乗っているようだった

女性はロンジー(巻きスカート)がないと入場できないので要注意

朝8:00までに出発し1時間滞在であれば、バゴーに21時くらいに戻れる
頂上には巡礼宿もあるが外国人は宿泊不可

電力がない国なだけあって、移動中に見た星がすごくきれいだった 
2009.11.23 Monday

À Burma



観光客が全くいない、チャイティヨーで声をかけてくれた友達グループの方々

一人で寂しいでしょ?と一緒に観光したりご飯を食べたりしてくれた
私を「娘」と言い張り、ミャンマー人料金でいろいろ回らせてくれた

同じ宿に一緒に泊まって行きなよ!
と言われたけれど、それが見つかったらこの方々が政府に逮捕されてしまうので
本当は泊まりたかったけど断った

旅行者は政府公認の宿に泊まらなければならない

軍事政権で、想像がつかなかったミャンマー人だったけど
全国民がいい人で正直と言っても過言ではないほどいい人だらけな国だった

2009.11.19 Thursday

Les Parapluies de kalaw


カロー、ミャンマー

ミャンマーでは尼さんの托鉢をよく見かけた
女性の托鉢はミャンマーだけだった

鉢の中身はお米だった
 
日差しを気にするところは、どんな状況でも一緒!
2009.11.17 Tuesday

La Guerre Est Finie


Bagan , Myanmar
小学校の教室

ミャンマーは他の東南アジアの国々に比べ就学率が高そうな印象
 ミャンマーの小学生はとてもシャイ!

カンボジアでミャンマーの歩き方をくれたまさくんありがとう!

2009.11.14 Saturday

ミニ・クーパー


ヤンゴン、ミャンマー、Rangoon International Airport
滑走路からイミグレオフィスまでの移動バス

ミャンマーのバスはほとんどが日本の中古バスだった
幼稚園バス、路線バスなどなど
東海地方の中古車が多かった.内装や外観も日本で使われていたままだった

噂には聞いていたけど、飛行機を降りて最初に乗った乗り物が日本の中古車で驚いた

<空港から市内へ>

ローカルバスで行くことは不可能に近く、タクシーシェアで1台$6

<持って行くお金>

ドルを持って行く.ユーロよりドルが強い
ホテルや長距離バスはドル払いができる

額が大きければ大きいほど、ピン札であればあるほどレートが良い
少しでも破れていたり汚れていると受け取ってもらえない

ATMもなし、クレジットカードも使えない

<両替>

円やユーロも両替できる場所もあるけれど、ドルが断然レートが良い
地方に行けば行くほどレートは悪いので、最初にヤンゴンで両替しておくと良い

両替所はないので、市場内のお店または路上のお店に自ら出向き両替話を持ちかける
市場内の生地屋さんで両替をしたが、マーケットのお店を1つ1つ回ってレートが1番良いところにすると良い(2008年11月現在、1ドル=1265kyat程度)

両替しないかと声を掛けてくる人がいるが(特にインド系ミャンマー人)レートは断然良いけど、そこで両替した旅行者は悉くだまされていたので路上で両替はしない方が良い

ミャンマー人は全員と言っていいほどいい人だらけだけど、両替を持ちかけてくる人は要注意!!

<インターネット>

政府の制限がかかっており、hotmailやyahooのフリーメールは見れない
ミャンマー内でもヤンゴンでは、ネットカフェの店員さんが裏のルートでつないでくれて時々hotmailやyahooを開けるが地方に行くと全く開けない
また、jpとつくアドレスは開けないことが多い

ミャンマー人はGmailを使っているので、ミャンマー出発前にGmailのアカウントを
作っておくと良い


hotmailが開けず、音信不通状態で心配をかけてしまったミャンマー旅行でした
2009.10.19 Monday

Kalaw カロー

 
カロー、シャン州、ミャンマー 
五日市で野菜を売る男の子 

ミャンマーの子供と女性は、日焼け止めとお化粧を兼ねて「タナカ」という白い粉を顔に塗っている 
シャン州の女性はミャンマーの中でもよりシャイ、顔立ちは日本人のようだった 

<五日市> 
インレー湖のあるシャン州の町で5日ごとに開かれる 
場所ごとに時期をずらして開かれるため、滞在しているどこか近くの町で見ることができる 五日市では、主に野菜やお花が売られている

*ニャウンシュエ→シュエニャウン(ピックアップトラック)500k
 シュエニャウン→カロー    (ピックアップトラック)2000k  3hr
*winner hotel  $5(single room , attached bath , including breakfast)
♬Me , Japanese boy  pizzicato five
2009.10.11 Sunday

Burma ミャンマー

インレー湖、ミャンマー 

ミャンマーに行くまでは、どんだけ怖い国なのだろうと恐れていましたが行ってみると、驚きでした 

軍事政権で人々はいろいろ制約を受けてて、大変そうだったけど 

鎖国のおかげで、周辺諸国に影響を受けていないため、良い意味で時代に乗り遅れていて

人がとっても優しくて親切で自然もきれいで素朴でとてもとても印象的で、大好きになった国でした

でも移動手段が大変だったり、すぐに停電したり、大変な面もありました だけど、やっぱりミャンマーは面白かった!!

*FD377(Air Asia)Bangkok→Yangon 
♬Chanson D'un Jour D'été Michel Legrand  Les demoiselles de Rochefort 

<Air Asia>
日々、値段が変動するのでpromotionという表記のチケットを見つけたら最安値なので即買いするのが良い!
カオサンの突き当たり、バーガーキングの隣にair asiaのオフィスがあり、そこにあるPCを使ってチケットを買うことができます
旅行会社で買っても、結局air asiaを買うことになるので、自分で買った方が大分お得です

<ミャンマーVisa> 2008年9月の情報です
プノンペンにて取得。
1ヶ月、シングルvisa。申請日より3ヶ月後に失効
午前申請、面接なしで簡単に翌々日の午後に取得可能
ただ、occupationをnoneと素直に書いたら、職員に「嘘でも良いから、無職以外で書いて」と言われた
写真2枚必要。20ドル前後。
ミャンマー大使館の行き方は、キャピトルホテルの情報ノートにあり

バンコクでも取得できるようですが、個人で行くと面接があるという噂
旅行会社に頼むと面接もないようなので、簡単に取得できるようです


Powered by
30days Album
PR