ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.12.22 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.28 Sunday

visa on arrival

 
2008年末よりタイへ陸路入国の場合、ビザなしでは14日間しか滞在できなくなった

長期滞在するにはビザクリのためラオス、カンボジア、ミャンマーに行くか
ビザを申請しなければならなくなってしまった
2009.10.26 Monday

Welcome to INDIA again

<ネパール・インド越境方法、カカールビッタルート> 

カトマンズのバス会社が沢山ある通りで何軒か回ると、最安値が見つかる(私の最安値700ネパールRs) 

当日、バス会社に行くとバス乗り場まで乗り合いタクシーでスタッフが連れて行ってくれ乗車 

17時ころ出発し、翌6時にカカルビッタ着 

ものすごいスピードで飛ばすため、頭を天井にぶつける位体が浮いた 

歩いて両国イミグレ、手続き

インド側国境ラーニガンジから、コルカタやダージリン、ブータン、シッキム行きのバスがあるシリグリまではローカルバスでRs15約1時間 

<両替、ビザ> 

インドではネパールルピーが使えないので、国境で少しお菓子屋さんや両替所があるので済ませておくと良い 

インドのビザは大体、multiple

*Hindusthan Hotel / Rs150 ( single , common bath)  
安宿はバスターミナルを道路で挟んだ反対側の地域に多い.いろいろ回ったけどここが最安値、人もいい人
2009.10.25 Sunday

Welcome to NEPAL

 

<インド・ネパール越境方法、スノウリルート>

デリーからゴーラクプルへ電車で約16時間

ゴーラクプル駅を出てると国境行きの乗り合いジープが何台かあり人が集まると出発(Rs100)
駅を降りまっすぐ歩いて突き当たる通りにあるバス乗り場で、国境行きのローカルバスがある(Rs55)

国境近くで降ろされ、サイクルリクシャに「歩ける距離じゃないから乗れ!」と言われるけど10分位歩くと、イミグレーションオフィスに着き手続きをし歩いてネパールへ

ネパールイミグレで手続きをし、しばらく歩くとポカラやカトマン行きのバス乗り場があるバイラワまで乗り合いバスがある(10ネパールRs)

インド人やネパール人が沢山越境しているので波に乗ると行ける

*Avadah Assam Express (train No.5610) /  DELHI to GORAKHPUR JN / 7:00→0:00 
   Rs301(Rs.THREE ZERO ONE ONLY)!
*深夜到着、朝までリタイアリングルームでインド人ネパール人と雑魚寝して夜明かし
♬Superbacana  / Caetano Veloso


<両替とビザ>

ネパールではどこでもインドルピーが通用するので両替をせず、インドルピーで払いおつりをネパールルピーでもらって小銭を集めた
Rs1=1.6ネパールルピーで計算されている

2009年4月現在、2週間のツーリストビザは25ドル、写真2枚要。マオイストが政権を握ってから高くなってしまったらしい
2009.10.08 Thursday

sabaidee

ドンデット、ラオス  

メコン川の中州に浮かぶ島、デット島の人々はすれ違うたび、全ての島民が誰に対しても

ラオ語でこんにちはという意味の 「サバイディー!」 と声をかけていた 

こんな習慣のある町は旅行中、ラオスのドンデッド島だけだった 

*PARADISE(バンガロー) 10.000kip 
♬Just a gigolo  Louis prima


<カンボジア→ラオス国境の越え方> 

ドンカロールートの場合 
カンボジア、ストゥントゥレンのRiverside Guest house(ジャズが流れるGH!!)にてラオス、ナーカサンまでの通しのミニバスチケットを売っている
13ドル(時期により変動)
ラオス国境までのチケットも売っているが、イミグレを越えても交通手段がないため、結局、国境まで来たバスに乗るしかないので、通しで買った方が良い
もう1つ、ストゥントゥレンから、地元の人が多く使う、渡し船の越境方法もある模様
このルートを使いたいのなら、早朝に地元住民と混じって行かないと、ラオス側での交通手段がない模様
ナーカサンからはドンデッド島までボートが出ている

ラオ→カンボはもっと高かった
2009.10.04 Sunday

タイ・ラオス国境 Savannakhet ສະຫວັນນະເຂດ


タイ、ラオス国境の町ムクダーハン
メコン川沿いにあるインドシナマーケットにて

ベトナムの物、中国の物、ラオスの物などいろいろな国の物が地下街に並んでいた
ルークトゥーンというイサーン地方の演歌のような歌が大音量で流れる市場だった

このバッグは1cm幅の紐を編んで作って行く

ムクダーハンで作られているようで、40Bから売っていた 

タイではこのバッグを持って観光していたらいろんな場所でタイ人に「どこで買ったの?」とほめられた

*サワンナケート(ラオス)→ムクダーハン(タイ)国境越えpublicバス 13,000kip 
*サイスックGH  25,000kip(S)、清潔で居心地の良い共有スペースがあった
♬room service  Pizzicato Five  nonstop to tokyo e.p.


<国境の越え方>
サワンナケートのバス乗り場を8:15に出発し友好橋を渡り9:00にはムクダーハンのバス乗り場に着く.乗換えなし

休日に国境越えをする際はどちらかの国に1ドル賄賂を払わなければいけない模様

ムクダハーンのバス乗り場から町の中心街までは同じバスに乗っていたタイ人たちに混じって乗り合いソンテウ5B15分.徒歩だと50分

Powered by
30days Album
PR